不動産経営のトラブル回避策

家賃不払者を即追い出す方法

 建物の賃貸業で難しいのは、家賃の回収である。最もよい方法は、入居の段階で支払いの確実そうな人を選定することである。しかし、どんなに注意してもいつもうまくいくとは限らない。最終的には、法的な担保がなければ安心できないのである。
 入居者が家賃を払わない場合は、退去してもらうしかないが、そう簡単にはいかない場合が多い。どうしても退去しないときは、裁判所から判決をもらって強制執行するしかないのである。しかし、裁判は、煩わしいし、時間もかかりすぎる。

裁判所

 裁判を避けるための方法としては、消費貸借契約、つまり金の貸借の場合なら、契約時に公正証書を作成しておけばよい。そうすれば、裁判なしでも直ちに強制執行ができる。建物の賃貸借契約の場合も、このような、なにかよい方法はないものだろうか。それが、即決和解なのである。
 即決和解は「起訴前の和解」ともいわれ、裁判所で賃貸借契約のときに和解調書を作成してもらえぼ、その調書の記載は裁判の確定判決と同じ効力をもつというものである。これがあれば、家賃の不払いがあった場合に、直ちに立退きのための強制執行ができるのである。
 どんなことを和解調書に記載したらよいだろうか。一例を示そう。

相談

①賃貸人は賃借人に対して00町00番地の建物を賃貸する。
②賃借人は賃貸人に対して、①の建物の賃借料として毎月金00円を支払うことを約し、毎月末日までに賃貸人に持参して支払うものとする。
③賃借人が②の賃借料の支払いを00月分以上怠ったときは、本件賃貸借契約は賃貸人の何らの催告を要せずに解除されるものとする。
④③の場合において、賃借人は賃貸人に対して本件建物を直ちに明け渡すものとする。

 以上のような和解調書があれば、家賃の不払いがあったら直ちに追い出せるのだから、多少の煩わしさがあっても賃貸借契約のときに利用すべきである。とくに一件当たりの金額の大きい店舗・事務所などの場合は、その経営の不安定さを考慮すれば、必ず「即決和解」を利用しなければならない。


兵庫でお引越しなら伊丹市がオススメとなっています。
昭和漫画のような畳式の和風アパートから,ペットとの同居が可能となっています。また、最新設備の賃貸マンションまで種類も多彩ですよ。敷金礼金を抑えた物件や駅近物件ももちろんあるので,一度伊丹の賃貸マンションについて検索してみましょう。

空き家などの所有物件の売却にお困りの方はリフォームなどをぜひ専門の会社などに依頼してみてはいかがでしょうか?コスト面を気にして空き家をそのままの状態で放置すれば物件価値はどんどん下がり,売却が遠のく一方ですよ!リフォームをすることで人気の高い今風の一戸建てに変身させることも可能ですし,機能性も向上できます!老朽化した箇所や破損した配管などを工事することで室内の問題を改善させ,買い手が見つからない方にうれしい対策を立てることができますので,一度ウェブサイトなどで工事内容や費用などの情報を確認するのも良いかもしれません。またリノベーションは高額になりますが設備の交換などより建物の機能性を向上させることができますのでこちらもチェックしてみてください!

兵庫に位置する姫路市での暮らしを考えている方はどんな魅力のある街かご存知でしょうか?紹介したいのがこちらの英賀保駅周辺エリアです。英賀保駅周辺は日用品のお買い物がしやすい商業施設も集まっていますし,外食を満喫できる飲食店も集まっていることから生活しやすいくなっています。
また,世界遺産にも登録されている姫路城がちかくにあり,観光にも力が注がれており,街はにぎやかな一面もあることから色んなひとに注目されてきた街です。
英賀保駅の山陽本線を利用すれば主要駅となっている姫路駅へもアクセスできることから生活の中で困ることも少なくなっていますよ。ぜひあなたの生活にあった賃貸を探してみてください。
街には公園や緑地,川も集まっていることから自然の豊富な環境で背渇することができるようになっていますよ。あなたにあった賃貸を英賀保駅で検討してみてはいかがでしょうか。姫路市内で賃貸探しをすればきっとご希望の住まいが見つかりますよ!